• 革財布のお手入れ方法

    革財布は、上品な雰囲気を漂わせるので人気があります。

    オリジナリティに富むメンズ財布のブランド情報といえばこちらです。

    しかし日頃からお手入れをしないと、長持ちしません。


    まず、購入したばかりで、財布の中に大量の小銭やカードを入れないようにします。
    革に対して急激に力が加わると、伸びきってしまう恐れがあります。使い続けるうちに少しずつ慣らしていきます。男性に特に多いのが、革財布をズボンのポケットに入れる行為です。背中や腰はたくさんの汗をかいており、革が傷む原因になります。

    日々のお手入れには、天然素材の柔らかい布を用います。

    乾拭きではできるだけ力を入れないで、丁寧に拭きます。

    男性の肌着に使われる綿のTシャツが、このようなお手入れに最適です。古くなった下着は、縫い目部分を切り取って保管すると良いです。


    スムースレザーではなく、スエードのような起毛素材の革である場合には、起毛用の革専用プラシを使います。



    革財布に汚れが付着したらすぐに処置を行います。

    汚れは時間が経つと革に染み込んで、落としきれなくなります。
    軽度の汚れであれば、濡れた布をきつく絞って、やさしく汚れを拭き取ります。汚れが落ちたら水気を飛ばすために、陰干しします。

    市販には汚れを落とす専用のクリームも売られています。



    クリームは塗りすぎるとカビの原因になるので、布でしっかりと拭き取ります。
    革財布が濡れたら、乾いた布で濡れた部分を拭いて陰干しします。

    ドライヤーで乾かしたり、日光に当てたりすると革に深刻なダメージを与えるので注意します。